アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
View Japan-景趣-4 ”風の道草”
ブログ紹介
※・ Link ⇒ 『 TPP:密室交渉の罠
TPPリーク・テキストを入手した米国の市民団体「パブリック・シチズン
TPPは「トロイの木馬」&「ドラキュラ」、 陽に当てれば退治できる!


ジョン・レノン :世界は狂人によって支配されている
ジョンが話している意味が理解できない方は   ここから




ジム・ストーン 元アメリカ国家安全保障局員の内部告発!




zoom RSS

タクシーで暴れた『杉山央・弁護士(37)』・書類送検 2017年11月15日

2017/11/16 00:35
**
※- タクシーで暴れた『杉山央・弁護士(37)』書類送検 2017年11月15日

11月15日、NHK website−: タクシーで暴れアクリル板を壊した弁護士書類送検

札幌弁護士会に所属する37歳の男の弁護士が今月、札幌市内で乗ったタクシーの車内で暴れ、防犯用のアクリル板を蹴って壊したなどとして、暴行と器物損壊の疑いで書類送検されました。

弁護士は目的地までの移動経路をめぐって腹を立てたということで、弁護士会では、調査を行ったうえで厳正に対処するとしています。

書類送検されたのは、札幌弁護士会に所属する杉山央弁護士(37)です。

警察などによりますと、杉山弁護士は、今月6日の深夜、札幌市中心部の繁華街ススキノから客としてタクシーに乗車しましたが、その後、走行中の車内で暴れだし、運転席と後部座席を仕切る防犯用のアクリル板を蹴って壊すなどしたとして、暴行と器物損壊の疑いが持たれています。

タクシーのドライブレコーダーには、目的地までの移動経路をめぐって激高した杉山弁護士が運転手をどなりつける様子のほか、運転席のシートやアクリル板を蹴る様子が写っていました。

タクシー会社から被害届の提出を受けて警察が捜査を進めた結果、15日までに書類送検しました。

これについて札幌弁護士会の大川哲也会長は、「必要な調査を行って厳正に対処する」とコメントしています

*-*
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


韓国:平昌冬季五輪の『ぼったくり商法』 2017年11月04日

2017/11/05 01:24
**
※- 韓国:平昌冬季五輪の『ぼったくり商法』 2017年11月04日

2017年11月1日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕まで100日となり、韓国・テレビ朝鮮が、熱戦の舞台となる地元・江原道(カンウォンド)での準備の進み具合について報じた。

平昌五輪組織委員会はこのほど12の競技場の完工を宣言、大会に向け準備は着々と進められている。

しかし世界から訪れる取材陣や観戦客への「おもてなし」の面では、驚きの事実が明らかになった。

スケート競技などが行われる都市・江陵(カンヌン)にあるAモーテルの価格表を見ると、一般室の繁忙期の宿泊料は「14万ウォン(約1万4000円)」とある。

しかし、実際に大会期間中の予約をするには、この最低価格の3倍以上を支払わなければならないという。

関係者は大会中の宿泊料について「50万ウォン(約5万円)ほどを基準にしている。

303号室(VIPルーム)のような部屋の場合は120万ウォン(約12万円)が基準」と話す。

また周辺のモーテルや民宿でも団体の長期予約が優先され、個人では予約自体が難しいという問題も依然解決していない状態だ。

海外から大会を取材に訪れるマスコミも「ぼったくり料金」を避けられないという。

大会期間中に冬季五輪関連施設に駐車するための駐車券はなんと526万ウォン(約53万円)。

この他にも、通常1万ウォン(約1000円)ほどで買えるマルチ電源タップが80万ウォン(約8万円)、光回線のインターネット使用料は2400万ウォン(約240万円)など、驚きの価格設定がなされている。

**

韓国のコメント

こうした実態に、

「一瞬、値段を見間違えたかと思った」

「こんなぼったくり商売人はみんな駄目になってしまえ」

「国際的な恥だ。五輪はあなたたちにとって詐欺を働く期間なの?」

などの声が寄せられ韓国ネットは大荒れ状態。

また「これじゃ外国のメディアも来ないよ」

「平昌に来た外国人の韓国のイメージは地に落ちるね」と懸念する声や、

「これほどのぼったくりはさすがに国が取り締まるべきでは?」と求める声も。

2011年の誘致成功から6年。

今や五輪開催を喜ぶ声はどこへやら、

「家でテレビ観戦しようっと」

「これを最後に二度と税金をかけた国際大会の誘致はしないでね」と冷めたコメントも目立った   (翻訳・編集/松村)

*-*
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


在日外国人が多く住んでいる都道府県 2017年10月14日

2017/10/14 01:21
**
※- 在日外国人が多く住んでいる都道府県 2017年10月14日

2016年末時点で在日韓国人が最も多い都道府県は大阪府であることが分かった。

法務省がこのほど発表した資料によると、16年末時点で日本に在留する韓国人の数は前年比で約4700人減少し45万3096人となった。

中国人69万5522人)に続いて2番目に多かった。

在日韓国人の数を都道府県別で見ると
大阪府が10万4102人で最も多く、
2位には東京都(9万763人)、
3位には兵庫県(4万1200人)が続いた。

トップ10にはこのほか、
愛知県(3万1015人)、
神奈川県(2万7660人)、
京都府(2万4951人)、
埼玉県(1万5630人)、
福岡県(1万5516人)、
千葉県(1万5470人)、
広島県(7848人)が入った。

一方、少なかったのは
徳島県(319人)、
鹿児島県(498人)、
高知県(527人)、
秋田県(543人)、
宮崎県(554人)、
佐賀県(657人)、
島根県(670人)、
青森県(764人)、
岩手県(788人)、
香川県(866人)の10県だった。

全体的には減少しているものの、東京都、埼玉県、千葉県など10の都道県では増加している。

また、都道府県別の在日中国人の数は
東京都が19万444人で最も多く、
神奈川県(6万2493人)、
埼玉県(6万342人)、
大阪府(5万6217人)、
愛知県(4万6283人)が続いた。

地方別の割合を見ると、在日韓国人は関西地方に多く、在日中国人は関東地方に多かった
  (編集/堂本)

*-*
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


訪日外国人=2千万突破 2017年09月21日

2017/09/21 15:39
**
※- 訪日外国人=2千万突破 2017年09月21日

2017年9月21日、中国メディアの観察者網が、訪日外国人が2000万人を突破し、8月は中国人が81万人と最も多かったと伝えた。

観光庁によると、9月15日の時点で今年の訪日外国人数が2000万人を突破。これは昨年より45日早い2000万人の大台突破だという。

また、8月の訪日外国人数は247万7500人となり、1カ月間の訪日外国人数で過去最高を記録。昨年の8月と比べて20.9%増加した。

8月の訪日外国人を国別でみると、

中国が81万9700人でトップとなり、前年比で21.1%増加した。
2位は韓国で62万0900人(前年比35.5%増)、
3位は台湾で37万7800人(前年比13.4%増)となった。

**
これに対し、中国のネットユーザーから「中国人はまず中国から旅行すべきだと思う」、「この結果には大変失望した」などのコメントが寄せられた。

また、「日本の対外的な宣伝は確かにうまいと思う」、「ハハハ!だから中国人によるボイコットなんて気にしなくて大丈夫だな」という意見もあった。

他には、「13億人の人口からしたら81万人なんて低い比率だろ」との指摘や、「訪中日本人は大幅減少中なのにな。メディアはこっちを報道すべきだろ」という主張もあった。

中国における日本旅行人気は衰えていないようだ。10月には中国の国慶節があり長期の連休になるため、訪日中国人はさらに増えるに違いない。(翻訳・編集/山中)

*-*
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


5月の観光客=229万4700人 2017年06月21日

2017/06/23 01:36
**
※- 5月の観光客=229万4700人 2017年06月21日

2017年06月21日、日本政府観光局の発表。

5月の訪日外国人客は前年同月比21.2%増の229万4700人で、5月として過去最高となった

今年1〜5 月の累計は1141万1000人となり、これまでで最速で1000万人を超えた。

国・地域別では、トップは韓国55万8900人。同85%増と驚異的な伸びを示し、前月に続き2カ月連続で中国を上回った。

航空路線の拡充に加え、昨年4月の熊本地震で落ち込んだ客足が戻ってきたことが要因。

2位の中国は同2.0%増の51万7100人でと微増にとどまった。

続いて台湾40万7500人(同8.5%増)、香港18万1600人(同29.7%増)の順。

香港の端午節や東南アジアの学校休暇をはじめ、旅行需要の高まる時期に向けて各国・地域で実施した訪日旅行プロモーションの効果も追い風となった。

インドが単月として過去最高を記録したほか、韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペインが、5 月として過去最高となった   (八牧浩行)

*-*
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


中国の砂漠化に植林340万本・遠山正瑛氏 2017年05月03日

2017/05/03 14:40
**
※- 中国の砂漠化に植林340万本・遠山正瑛氏 2017年05月03日

日中関係のギクシャクした状態が続く中で、両国において互いに対するネガティブな印象が蔓延している。一方、国の垣根を越えて協力、交流してきた人も数多く存在するのだが、そういった人たちに脚光が当たりにくいのが今のご時世だ。

中国メディア・今日頭条は4月29日、かつて「地球のがん」とまで呼ばれた中国・内モンゴル自治区の砂漠緑化に情熱を注いだ日本人男性遠山正瑛氏の功績を紹介する記事を掲載した。

記事は遠山氏が1930年代に中国留学し、西部地域の農耕文化の研究を行ったほか、鳥取砂丘の農地化に成功した経験を持つと紹介。

72年の日中国交正常化が実現するとすぐに中国に渡り、砂漠の調査を実施したと伝えた。

そして、91年にはすでに84歳となっていた遠山氏が同自治区のエンクベイ砂漠地域の緑化を決意し、2004年に死去するまでの間、1年の大部分を現地で過ごして植樹活動を続けたとしている。

そのうえで、同氏に感化されてプロジェクトに参加する日本人ボランティアが累計7300人にのぼり、現地の砂漠に植えた樹木は計340万本に達したと紹介。

土地が荒れ果てて作物の育たない状態だった「地球のがん」が、今では緑が生い茂り、牛や羊が至るところにいる場所へと変化したと伝えた。

記事は「遠山氏の精神は後世の人びとに影響を与え続けており、より多くの荒涼とした場所に緑化と平和の道を芽吹かせているのである」と結んだ。

この記事は、特に多くのネットユーザーが注目した

様々な感想が寄せられており「日本にも良い人はいる。遠山さんに敬意を示そう」とのコメントには、多数の賛同が集まった。

また、「中国人は目先の金銭にとらわれ、このような利益の少ない苦しい事業をする人はいない。わが国の企業経営者は、この日本の有人に学ぶべきだ」との意見もあった。

名誉のためにやるわけではない。

利益のためにやるわけでもない。

そして、日中友好を目的にやるわけではない。

遠山氏の活動の大前提にあったのは、砂漠化を食い止めよう、環境を改善しようという情熱だ。

ネットユーザーの指摘するとおり、目先の利益ばかりを追いかけていては一向にたどり着けない境地なのである   (編集担当:今関忠馬)

*-*
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


中国の運転マナーは酷い! 2017年05月03日

2017/05/03 14:21
**
※- 中国の運転マナーは酷い! 2017年05月03日

サーチナ −:自動車は使い方を間違えれば凶器と化す乗り物であり、それゆえ運転する者は交通法規を遵守することが求められる。

だが、中国の路上では交通法規が遵守されているとは言い難く、スピード違反や無理な割り込みは日常茶飯事の光景であるため、クラクションの音が絶えず鳴り響いている。

中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人ドライバーの悪習」について説明する記事を掲載し、中国人が交通法規やマナーを守らずに運転していることを強く批判した。

記事は、中国で見られる運転にかかわる悪習として「駐車スペースの区画ラインを無視し、ラインをまたいで駐車する」、「高速道路の追い越し車線をゆっくり走るドライバーが多いため、走行車線が追い越し車線となってしまっている」、「勝手気ままに車線変更する」ことなどを挙げた。

続いて、「車線変更時に方向指示器を点灯しないこと」、「クラクションの乱用」、「センターラインを跨ぎつつ、対向車線にはみ出しながら走行すること」、「無理な割り込み」、「常時ハイビームを使用すること」、「シートベルトを締めないこと」、「路上に自動車を駐車し、降りる際に後方を確認せずにドアを開けること」、「スマートフォンを操作しながら運転すること」なども中国人ドライバーの悪習であると指摘した。

記事はこれらの悪習のうち、特に常時ハイビームを使用することに対して「我慢ならない」と強い不満を表しており、自分と他人の安全のためにハイビームの正しい使用を心がけるよう提言した。

これらの悪習は自分中心の考え方に基づいて自動車を運転していることの表れと言えるだろう。

中国では自動車事故と事故による死者数が非常に多いが、このような悪習を根絶しない限り、事故も減ることはないと思われる (編集担当:村山健二)

*-*
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる