脫亞論(現行版『福澤諭吉全集』)

**
※- 脫亞論(現行版『福澤諭吉全集』収録版)
脫亞 론 (현행 판 「후쿠자와 유키치 전집」수록 버전)

 世界交通の道、便にして、西洋文明の風、東に漸し、到る處、草も木も此風に靡かざるはなし。

蓋し西洋の人物、古今に大に異るに非ずと雖ども、其擧動の古に遲鈍にして今に活潑なるは、唯交通の利器を利用して勢に乘ずるが故のみ。

故に方今東洋に國するものゝ爲に謀るに、此文明東漸の勢に激して之を防ぎ了る可きの覺悟あれば則ち可なりと雖ども、苟も世界中の現狀を視察して事實に不可なるを知らん者は、世と推し移りて共に文明の海に浮沈し、共に文明の波を揚げて共に文明の苦樂を與にするの外ある可らざるなり。

文明は猶麻疹の流行の如し。目下東京の麻疹は西國長崎の地方より東漸して、春暖と共に次第に蔓延する者の如し。此時に當り此流行病の害を惡て此を防がんとするも、果して其手段ある可きや。我輩斷じて其術なきを證す。有害一偏の流行病にても尙且其勢には激す可らず。況や利害相伴ふて常に利益多き文明に於てをや。

啻に之を防がざるのみならず、力めて其蔓延を助け、國民をして早く其氣風に浴せしむるは智者の事なる可し。西洋近時の文明が我日本に入りたるは嘉永の開國を發端として、國民漸く其採る可きを知り、漸次に活潑の氣風を催ふしたれども、進步の道に橫はるに古風老大の政府なるものありて、之を如何ともす可らず。

政府を保存せん歟、文明は決して入る可らず。如何となれば近時の文明は日本の舊套と兩立す可らずして、舊套を脫すれば同時に政府も亦廢滅す可ければなり。然ば則ち文明を防て其侵入を止めん歟、日本國は獨立す可らず。如何となれば世界文明の喧嘩繁劇は東洋孤島の獨睡を許さゞればなり。

是に於てか我日本の士人は國を重しとし政府を輕しとするの大義に基き、又幸に帝室の神聖尊嚴に依賴して、斷じて舊政府を倒して新政府を立て、國中朝野の別なく一切萬事西洋近時の文明を採り、獨り日本の舊套を脫したるのみならず、亞細亞全洲の中に在て新に一機軸を出し、主義とする所は唯脫亞の二字に在るのみ。

我日本の國土は亞細亞の東邊に在りと雖ども、其國民の精神は既に亞細亞の固陋を脫して西洋の文明に移りたり。然るに爰に不幸なるは近隣に國あり、一を支那と云ひ、一を朝鮮と云ふ。此二國の人民も古來亞細亞流の政敎風俗に養はるゝこと、我日本國民に異ならずと雖ども、其人種の由來を殊にするか、

但しは同樣の政敎風俗中に居ながらも遺傳敎育の旨に同じからざる所のものある歟、日支韓三國相對し、支と韓と相似るの狀は支韓の日に於けるよりも近くして、此二國の者共は一身に就き又一國に關して改進の道を知らず、交通至便の世の中に文明の事物を聞見せざるに非ざれども、耳目の聞見は以て心を動かすに足らずして、

其古風舊慣に戀々するの情は百千年の古に異ならず、此文明日新の活劇場に敎育の事を論ずれば儒敎主義と云ひ、學校の敎旨は仁義禮智と稱し、一より十に至るまで外見の虛飾のみを事として、其實際に於ては眞理原則の知見なきのみか、道德さへ地を拂ふて殘刻不廉恥を極め、尙傲然として自省の念なき者の如し。

我輩を以て此二國を視れば、今の文明東漸の風潮に際し、迚も其獨立を維持するの道ある可らず。幸にして其國中に志士の出現して、先づ國事開進の手始めとして、大に其政府を改革すること我維新の如き大擧を企て、先づ政治を改めて共に人心を一新するが如き活動あらば格別なれども、若しも然らざるに於ては、今より數年を出でずして亡國と爲り、其國土は世界文明諸國の分割に歸す可きこと一點の疑あることなし。

如何となれば麻疹に等しき文明開化の流行に遭ひながら、支韓兩國は其傳染の天然に背き、無理に之を避けんとして一室內に閉居し、空氣の流通を絶て窒塞するものなればなり。輔車唇齒とは隣國相助くるの喩なれども、今の支那朝鮮は我日本國のために一毫の援助と爲らざるのみならず、西洋文明人の眼を以てすれば、三國の地利相接するが爲に、時に或は之を同一視し、支韓を評するの價を以て我日本に命ずるの意味なきに非ず。

例へば支那朝鮮の政府が古風の専制にして法律の恃む可きものあらざれば、西洋の人は日本も亦無法律の國かと疑ひ、支那朝鮮の士人が惑溺深くして科學の何ものたるを知らざれば、西洋の學者は日本も亦陰陽五行の國かと思ひ、支那人が卑屈にして恥を知らざれば、日本人の義俠も之がために掩はれ、朝鮮國に人を刑するの慘酷なるあれば、日本人も亦共に無情なるかと推量せらるゝが如き、是等の事例を計れば枚擧に遑あらず。

之を喩へば比隣軒を竝べたる一村一町內の者共が、愚にして無法にして然かも殘忍無情なるときは、稀に其町村內の一家人が正當の人事に注意するも、他の醜に掩はれて堙沒するものに異ならず。
其影響の事實に現はれて、間接に我外交上の故障を成すことは實に少々ならず、我日本國の一大不幸と云ふ可し。左れば今日の謀を爲すに、我國は隣國の開明を待て共に亞細亞を興すの猶豫ある可らず、寧ろ其伍を脫して西洋の文明國と進退を共にし、其支那朝鮮に接するの法も隣國なるが故にとて特別の會釋に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に從て處分す可きのみ。惡友を親しむ者は共に惡名を免かる可らず。我れは心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり

*-*

2019年06月までに、38人ジャーナリストが死亡

**
※- 2019年06月までに、38人ジャーナリストが死亡

スイス・ジュネーブに本部を置くメディア監視団体「プレス・エンブレム・キャンペーン」(PEC)が4日に発表した報告書によると、2019年上半期には世界で38人のジャーナリストが死亡し、前年同期の66人を下回ったという。新華社が伝えた。

同報告書によると、一連の国と地域では引き続きジャーナリストの取材活動に大きなリスクがともなう。

PECのまとめた統計では、今年上半期にメキシコで死亡したジャーナリストは=9人、アフガニスタンは=
6人だった。

地域別にみると、中南米地域のリスクが最も高く、メキシコ、ブラジル、コロンビア、ホンジュラス、ハイチなどの国・地域で計=15人が死亡した。

シリアとイラクの衝突リスクが低下したため、中東地域の死亡者数は減少した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

*-*

中国鉄道の負債残高が過去最高の87兆円 2019年05月04日

**
※- 中国鉄道の負債残高が過去最高の87兆円 2019年05月04日

中国全国の鉄道事業を運営する中国鉄路総公司の3月末時点の負債残高が、過去最高の5兆2683億元(約87兆2400億円)に達したことが分かった。

中国メディアの新京報が2019年5月1日付で報じた。

同公司の2018年通年の純利益は20億4500万元(約339億円)で過去最高だったが、単純計算では同社は純利益約2580年分の負債を抱えていることになる。

2018年の売上高は1兆955億元(約18兆1600億円)で、前年の1兆154億元(約16兆8100億円)を上回った。

純利益は20億4500万元で、前年の18億1900万元(約302億円)を上回り、過去最高になった。

18年の運輸収入は7569億元(約12兆5500億円)で、客運収入は3570億元(約5兆9200億円)、貨物輸送収入は3522億元(約5兆8400億円)だった。

2018年末の負債残高は5兆2134億元(約86兆4300億円)で、19年3月末にはさらに増えて5兆2683億元に達し、過去最高になった。

純利益も増加しているが、負債残高も増加しており、19年3月末の負債残高を18年通年の純利益で割る単純計算をすると、約2580年分ということになる。

なお、中国の鉄道事業は1954年に発足した政府・鉄道部が担当していたが、2013年3月には、政府・交通運輸部国家鉄路局が行政部門を、中国鉄路総公司が事業部門を担当する組織改革が実施された。

長期に渡り政府部門が鉄道事業を担当していたのは、戦時には軍や武器なども輸送する「準軍事部門」の扱いを受けていたからだ。

しかし、2011年には劉志軍鉄道部長(鉄道相、当時)が職権乱用などで解任され(13年に有罪判決が確定)、11年7月には高速鉄道で多数の死者を出す追突脱線事故が発生したことが、組織改革のきっかけになった。

中国鉄路総公司の巨額の負債は、政策により高速鉄道網など急速かつ大規模な建設事業を続けているからとされる。

現在の中国鉄路総公司は、中央政府がすべての資産を保有する国有中央企業だ。

これまで「株式上場を目指すのでは」との見方がしばしば発生したが、新京報は「業界関係者の多くは、中国鉄路総公司は巨大すぎて、近い将来に全体上場を行う可能性は低い。

ただし、傘下の優良資産部分を上場させる可能性は存在する」と紹介した

Record China (翻訳・編集/如月隼人 )

*-*

中国メディア:わが国産空母に、なぜ「日本国旗」が掲げられるのか? 2019年04月20日

**
※- 中国メディア:わが国産空母に、なぜ「日本国旗」が掲げられるのか? 2019年04月20日

画像


2019年4月18日、新浪新聞は「中国国産空母上になぜ『日本国旗』が掲げられるのか」とする記事を掲載した。

記事は、中国海軍創設70周年記念を間もなく迎え、記念イベントに関する報道や艦船の映像がしばしば登場していると紹介。

その中で、国産空母のアイランド上に「日本国旗」を掲げているのが見えるとする人が少なからずいるとした。

そのうえで「この旗は決して日本国旗ではなく国際信号旗だ。両者を混同してはならず、最も直観的な判別方法は、日本国旗が長方形なのに対して、この信号旗は台形であることだ」と指摘。

白地に赤い丸が描かれた台形上の信号旗は、数字の「1」を示すものであると説明した。

そして、国際信号旗について、18世紀末の時点で軍艦や商船の重要な通信手段として世界各国で広く採用されていたとし、アルファベット旗26種類、数字旗10種類、代表旗3種類、特殊旗6種類、応答旗1種類の計46種類からなると紹介している。

記事は、23日に山東省青島市で海軍創設70周年イベントを開催するにあたり、日本をはじめと世界各国の軍艦を紹介していることを紹介。

「外国の軍艦を送迎する際には厳格な儀礼が存在し、その際にも国際信号旗が活用される場面がある」とした。

そして、「外国の艦艇が訪問国の領海内に入り、その国の艦船と対面した際、迎える側が歓迎を示す信号旗を掲示した場合にはすぐさま感謝を示す信号旗を掲げることになっている」とした。

また、「訪問を終えた外国艦船を送る際、送る側は別れる地点にて告別を示す国際信号旗を掲げ、相手の船が遠く離れるまで掲げ続けるのだ」と説明している  Record China (翻訳・編集/川尻)

*-*

在日中国人、日本国籍取得者を合わせ=96万人 2019年04月08日

**
※- 在日中国人、日本国籍取得者を合わせ=96万人 2019年04月08日

4月08日、Record China -:華字紙・中文導報は、日本に住む中国人、中国系日本人の数が96万人に上ることが明らかになったと報じた。

記事は、法務省が先日発表した統計で、昨年末現在で日本に在住する外国人は前年末より6.6%多い 273万1000人で、5年連続最多記録を更新したことが分かったと紹介。

そのうち中国籍(台湾を含まず、以下同じ)の人口は80万5400人で外国人全体の29.5%を占め、これに日本に帰化した華人などを含めると、在日中国人の総数は96万人を超えるとした。

日本在住の外国人の内訳では、中国籍が最も多く、韓国が44万9600人で2番め、技能実習生が多いベトナムが33万8350人で3番めで続いていると伝えた。

また、中国籍在住者のうち、永住者が 29万9600人で最も多く、これに留学生の13万2400人が続いているという。

記事は「中国経済の急発展に伴い、将来的に中国に戻ることを考える中国人が多くなっており、日本への帰化申請をする中国人は減少傾向にある。2009年に日本に帰化した中国人が5392人いたのに対し、2017年はわずか1596人だった。一方で永住資格を取得するケースが増え、2018年の中国人永住権取得者数は17年より1万2090人増えて26万人を超えた」と伝えている。

また、今年1月1日現在で、日本に不法滞在する外国人も5年連続で増加して7万4167人になったと紹介。

国別では、韓国人 = 1万2766人で最も多く、これにベトナム = 1131人、中国人 = 1119人で続いた  (翻訳・編集/川尻)

*-*

世界で最も危険な旅客機5選―露メディア 2019年03月21日

**
※- 世界で最も危険な旅客機5選―露メディア 2019年03月21日

2019年3月18日、中国メディアの参考消息網によると、エチオピア航空が運航する米ボーイングの新小型旅客機「737MAX8」が10日墜落し、乗客乗員157人全員が死亡したことを受け、同型機の運航を停止する動きが世界的に広がる中、ロシア紙のロシースカヤ・ガゼータはこのほど、「乗客にとって最も危険な旅客機」として、ボーイング737JT8Dなど5機種を取り上げた。

それによると、BusinessWeekがアセントビジネスコンサルティングのデータを使用してまとめた「乗客にとって最も危険な旅客機のリスト」に名前が上がったのは、ボーイング737JT8D、エアバスA310、マクドネル・ダグラスDC-9、ボーイング727、ツポレフ154だ。

記事は、ボーイング737JT8Dについて「このアンチランキングのトップに立っている」とし、「1967年から88年まで製造されたボーイング737の最初のモデルの一つだ。わずか50万7000時間の間隔で致命的な事故が起きている。先進国のほとんどの国では早々にスクラップされた」などと紹介した。

エアバスA310については「2019年2月現在、全世界で計11機が事故で紛失し、9回ハイジャックされた。事故で命を失った人数は計830人に上る。09年6月にはイエメン航空のエアバスA310が海に墜落し計152人が死亡した。1983年から98年まで計255機が製造された」などと伝えた。

マクドネル・ダグラスDC-9については「飛行時間1069万時間に1回の割合で致命的な事故が起きている。計276回の事故のうち145回は胴体の減圧によるものだった。死者数は計3697人。1965年から82年まで製造された」などと紹介した。

ボーイング727については「飛行時間230万6000時間に1回の割合で致命的な事故が起きている。1963年から84年まで計約2000機が製造され、うち114機が事故を起こし、乗客と地上にいた偶然の犠牲者を含む約4000人が死亡した。90年代に入ると大手航空会社はこの時代遅れのモデルを廃止するようになり、その多くは政府用や民間用となった」などと伝えた。

ツポレフ154については「長い間ソビエトとロシアの民用航空の主力であり続けた。計72機が事故で墜落し、計3263人が死亡した。犠牲者数が最大​​の墜落事故は85年7月にウズベキスタンのウチュクドゥク付近で起き、乗客乗員200人全員が死亡した」などと紹介した  Record China (翻訳・編集/柳川)

*-*

「機内の清潔さ」ランキングで ANA が 1位 2019年03月21日

**
※-「機内の清潔さ」ランキングで ANA が 1位 2019年03月21日

Record China-:中国ネットは「文句なし」と絶賛=「日中韓がトップ3」にはツッコミ多数

英航空サービス調査会社スカイトラックス(Skytrax)がこのほど発表した2018年版の「機内の清潔さ」ランキングで、日本の全日空(ANA)が1位になった。

中国のネット上でも大きな注目を集めている。

スカイトラックスは毎年、顧客満足度などに基づき航空会社のランク付けを行っており、「清潔さ」の部門では、トイレ、座席、テーブル、カーペットなどの評価を基に作成される。

18年版のトップ10
ANA、
エバー航空(台湾)、 
アシアナ航空(韓国)、
シンガポール航空、
日本航空(JAL)、
キャセイパシフィック航空(香港)、
カタール航空、
スイスインターナショナルエアラインズ、
海南航空(中国)、
ルフトハンザ航空(ドイツ)となった。

上位の多くがアジアの航空会社で、米英の航空会社はトップ30に1社もランクインしなかった。

中国メディアの新浪財経はこの結果について、「中日韓がトップ3を占めた、トップ10には中国から3社」との見出しで伝えているが、最も共感度が高いネットユーザーのコメントは「台湾、香港、海南…」というもので、ランクインした3社がいずれも中国で独特な地域にあることに複雑な心境をのぞかせている。

続いて共感度が高い二つのコメントは、いずれも日本に関するもので、「日本が1位なのは妥当。確かに清潔」、「この方面においては日本人に心服せざるを得ない。この国民の素養、わが国もいつかそのレベルに達してほしいと願う」だった。

このほか、メディアの伝え方に関して「『中日韓がトップ3』という言葉は素晴らしい」、「(台湾や香港を中国に含めたことについて)恥ずかしくはないのかね」、「正確に言えば、日韓と台湾地区だな」といった声。

「トップは文句なし」「ANAは確かに良い」「あらゆる面で優れているよね」、「乗ったことがある人なら分かる」とANAの1位に納得だという声 -(北田)

*-*