View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国人:築地市場で感動のあまり涙ぐむ!? 2016年12月07日

<<   作成日時 : 2016/12/07 13:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 中国人:築地市場で感動のあまり涙ぐむ!? 2016年12月07日

12月07日(投稿)、Record China−: 2016年12月2日、移転が決定している築地市場を訪れた中国人観光客が、思わず涙を流しそうになった体験についてつづった。

本来の計画では、2日目の朝3時か4時に起き、築地に行って見学する予定だった。

築地市場はもうすぐ移転すると聞いており、伝説のマグロ競りを一目見たいと思って、初日の夜は出かけず早めに就寝。

目覚まし時計のおかげ次の日早く起きることができた。

外はまだ雨が降っていた。地下鉄を出て数百メートルのところで市場の看板を見つけたが、時間がまだ早いせいか、それとも天気が悪いせいか、人はまばらで市場の外は閑散としていた。

少し興奮気味に急いで中に入ったが、目の前の光景にあぜんとした。

店がすべて閉まっているのだ。

これは一体どういうことだ? 今日は日曜日ではないよな? 日にちの計算を間違えたのか? 後で分かったことだが、定休日だったのだ。

がらんとした魚市場の空気は潮の香りがして、失望と交じり合っていた。

でも見方を変えれば、閉まった店の看板はどれも特徴があって面白かった。

次の日、同じように朝早く起床して築地市場への旅が始まった。

今回は失望させられることはなく、人の流れに沿って場外市場に到着。

威勢のよい掛け声が聞こえてくる店や、すでに売り切れた店などがあり、多くの海産物を見て胃が喉まで上がってくる感じだった。

でも場内市場まで我慢。 場内市場の雰囲気はさらにすごく、魚を運ぶ多くの車が停まっていた。

場内の料理店は少ないものの、騙される心配はなく、どの店も行列ができていた。

伝説の寿司大は絶望的なまでの行列ができており、私たちは比較的行列の少ない店で海鮮丼を食べることにした。

ウニとイクラの組み合わせは完璧で、あんなにも甘くて生臭さが全然しないとは思わなかった。

東京旅行最後の日もやっぱり早起きして築地市場へ行った。

どうしても寿司大で食べたかったからだ。

今回はついに願いをかなえることができた。

寿司職人はとっても熱心で、何を言っているかはよく分からなかったけど、とりあえずOKと答えた。

きっとわさびを入れてもいいか聞いているのだろうが、食べられればそれで私たちは満足だ。

食べてみると、ほかに表現のしようがないほど、とにかくおいしかった。

特にウニの寿司はまるで海そのものを食べたかのようで、涙ぐんでしまった!

寿司を食べて涙が出るのか?という友人もいたが、3回も行ってやっと食べられた美食は、私たちにとって決して忘れることのできない感動なのだ
   (翻訳・編集/山中)

*-*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国人:築地市場で感動のあまり涙ぐむ!? 2016年12月07日 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる