View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 石原伸晃が「ここまでアホだとは思わなかった」 落胆の声

<<   作成日時 : 2012/09/28 14:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 自民党総裁選:候補者の日常・日刊ゲンダイ 2012年09月28日

自民党で一生懸命なのは”長老”ばかり ・・・ ?

「 下に挨拶しない 石原 」、「 上にも下にも挨拶しない 石破 」、「 上にも下にもペコペコする 安倍 」 。

事実上、三つ巴の戦いになった自民党総裁選。選挙戦で3人は、こんなふうに党内で揶(や)揄(ゆ)されていたという。

つくづく低レベルの争いになった 「 石原選対幹部の茂木政調会長は、『 ウチの方が安倍さんよりリードしている 』 と自民党担当記者にリークしているらしいが、新聞は石原応援の読売でさえ 『 石原3位 』 と報じている。

茂木さんの言葉に説得力はありません。 だから応援も日に日に低調。 安倍陣営に逃げた議員もいた。 ま、石原さんは失言、暴言が多すぎて、自業自得なんですけどねえ」 ( 石原陣営の議員 )

別の石原側近議員は、地方遊説での様子をうんざりしたようにこう話す。

「 演説場所に向かう車の中で、伸晃さんは 『 えー、こんな田舎まで行くの? 』 って言ったんですよ。 東京の人なので、もともと田舎をバカにしたところがあった。

幹事長なのに地方の陳情はいつも大島副総裁任せ。 田舎を軽視してきたから、今回、地方票で苦戦しているのに、それが全く分かっていない」。

総裁選の期間中、とにかく身内から、「演説に中身がない」、「軽すぎる」、「ここまでアホだとは思わなかった」 という落胆の声しきりだったのである。

最終日の、きのう(25日)、伸晃は議員会館の衆参の全自民党議員の部屋を回り、議員票積み上げのラストスパートに必死だった。

森喜朗元首相、古賀誠元幹事長ら長老たちも、自分の息のかかった議員に “ 石原シフト” の大号令をかけたという。

まさかの石原勝利があったら、長老や派閥がまた大きな顔をするのか。

救いようのない政党

*-*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石原伸晃が「ここまでアホだとは思わなかった」 落胆の声 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる