View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 笠間検事総長・可視化「遠慮せず適正な取り調べを」

<<   作成日時 : 2012/02/16 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 笠間検事総長・可視化「遠慮せず適正な取り調べを」 2012年02月15日
 
全国の検察庁のトップなどが集まる会議が開かれた。
 
最高検察庁の「笠間治雄・検事総長」は「取り調べの録音・録画を行っていても、不合理な供述をする容疑者には遠慮することなく、適正な取り調べを断固行ってほしい」と指示しました。
 
法務省で開かれた会議には、全国の高等検察庁や地方検察庁のトップなどおよそ140人が出席した。

この中で、笠間検事総長は、不祥事を受けて全国で試行が続けられている取り調べの録音・録画に関連して「取り調べで容疑者の供述に謙虚に耳を傾けることは必要。
 
だが、録音・録画を行っていても、不合理な供述や否認をした場合、遠慮することなく、適正な取り調べを断固行ってほしい」と指示した。
 
そのうえで「利点や弊害、それに課題が明らかになりつつあり、ことし中に検証結果をまとめる」と述べた。

また会議では、滝法務副大臣が小川法務大臣の訓示を代読し、「巨大な権限を適正に行使するためには、一つ一つの事件について捜査を尽くしたうえで、処罰すべきものは処罰し、そうでないものは処罰しないという基本姿勢を貫く必要がある」と述べた
 
*-*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
笠間検事総長・可視化「遠慮せず適正な取り調べを」 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる