View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰が見たって挙党態勢とは言えない・菅内閣

<<   作成日時 : 2011/01/19 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 誰が見たって挙党態勢とは言えない・菅内閣
  
与謝野さんは小選挙区で海江田氏に敗れ、自由民主党の比例で当選した議員ですよね!
  
菅内閣に入閣するのであれば、議員辞職して議席を自由民主党に返し、一般(議員でない)からの登用とすべきと思うのだが・・・、納得しがたい入閣である。
  
納得しがたいと言えば、枝野・官房長官である。
  
昨年の参議院選挙を取り仕切った民主党の幹事長であり、選挙ではボロ負けした責任者である。
  
今回の入閣に関して、意味不明の言い訳をしていたが、はっきり言って幹事長の仕事が何なのか、それとも頭でっかちの馬鹿なのか?
  
弁護士上がりの議員とは、到底思えない認識の低さである。 ただ、呆れるばかりなり。
  
仙石氏は問題外で批評するのも馬鹿馬鹿しい。
  
法務大臣になった・江田五月氏は元参議院議長である。
   
なぜ、若い人を推薦できないのか? 情け無くて呆れるよ!!
   
要するに、挙党態勢と言いながら身内だけで纏まるから、この様な人事しか出来ないのである。ほんとうにバカバカしい。
  
今回の民主党内人事の中身も酷すぎる。
  
昨年の参議院選挙で党選対委員長であった安住氏(宮城)が国会対策委員長?
  
もう、菅内閣には呆れるばかり!!
  
**  
民主党の「鳩山前首相」が菅首相に対する不満・2011年 1月16日
  
16日夜(日本時間16日深夜)、訪問先のインド・ニューデリーで同行記者団と懇談し、今回の内閣改造人事が首相、枝野官房長官、岡田幹事長、仙谷由人次期代表代行の「4人組主導」と指摘されていることについて。
  
「(菅・首相は)挙党態勢を望むと言いながら、自分の仲間だけで決めてしまう。『どうぞ4人でやりなさい』という気持ちだ」と言い捨てた。
  
特に、枝野氏起用については「(昨年の)参院選で幹事長として負けた責任は大きい。半年で責任を忘れていいのか」と批判。
  
報道各社の世論調査で内閣支持率がやや上向いたことも、「『最強の体制』と首相が胸を張るほど、国民は期待していない」と断じた
 
**
鳩山前首相の意見が民主党に投票した国民の意見だと思う。同感です!!
*-* 
  
 2011年 1月19日 ”風の道草”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰が見たって挙党態勢とは言えない・菅内閣 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる