View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 郷原信郎の「検察が危ない」

<<   作成日時 : 2010/05/18 10:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 郷原信郎のメルマガ・4冊目の新書「検察が危ない」

「郷原センター長」の4冊目の新書「検察が危ない」が4月9日に発売になりました。

− 同書発刊に当たっての郷原センター長のメッセージ −

「検察が危ない」という本のタイトルには二つの意味があります。

一つは、暴走と劣化を繰り返す検察の存在は、日本の社会にとって「危ない」ということ。

もう一つは、そういう存在になってしまっていることが、検察という組織自体にとっても「危ない」ということです。

なぜ私が検察批判をするのか。

それは、検察の現状を深く憂いているからです。

日本の社会にとって検察は大切な存在です。

これからの社会において、検察に、違法行為に対する制裁の適正な機能を担う健全な機能を担ってもらいたいと思っています。

そのためには、検察を無条件に絶対的に「正義」だと思い込んでいる思考停止から脱却しなければなりません。

「検察の正義」の中心にある特捜検察の内実と改革の方向性について、書きたいことは書き尽くしたつもりです

----- 以上がメルマガ -----

**

その一番の責任がマスメディアにある事は疑いのない事実と言える。

「検察の犬」となった大手マスメディアの責任は大きい!!

特に、検察担当・記者は、その責任を自覚して欲しい。

ハッキリ言って、「多くの事件」がマスコミによって作られている現実を国民が認識することから始めないと!

インターネットが普及した現在に於いても、まだまだ、マスコミ報道に支配されているのが現実だと思う。

マスコミ報道が信用出来ない社会の行く末は、如何なものとなるか憂いと同時に悲しみと情け無さが先に来る。

想像して欲しい! その様な日本の社会を

**

 2010年 5月18日 ”風の道草”
     

*-*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
郷原信郎の「検察が危ない」 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる