View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 逆説も真なり・小沢秘書問題

<<   作成日時 : 2009/05/02 02:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 逆説も真なり・小沢秘書問題

小沢民主党代表の秘書逮捕、そして起訴は、捉え方によっては東京地検・特捜部が総力をあげて調べても何も出なかった事で、逆に言うと小沢代表はキレイだと受け取る事ができる。

要するに、検察とは見解の相違だけであり、政治資金収支報告書はキチント提出してあり、裏金など無く、ある意味で検察がその事を証明したとも言える。

見解の相違は裁判に任せるとして、小沢氏が民主党の代表を辞める理由など全くない無い事は言うまでもない。

小沢代表に対しての国民の批判は、検察のリークとそれを調べる事もせずに垂れ流しているマスコミ報道(特に新聞、テレビ)によって国民が誘導された結果に過ぎないと思う。

そもそもマスコミは、その使命を果たしていない。

例えば、政治家の中で「中川秀直氏(自民党)」が政治資金を一番多く集めている。

余談ですが、彼を検察が調査したら面白い結果が出て来る可能性は否めない気がしますが、如何なものか ・?

小沢代表は「 口ベタ 」でありながら、其れなりに責任ある説明をしていると私は思う。

問題は民主党としての対応が御粗末すぎる、広報担当は誰かは知らんが − シッカリ対応しろと言いたい!!

小沢氏の説明が、党のホームページには会見での受け答えだけである。

ホームページは管理会社に運営を委託していると思いますが、委託会社もお粗末と言うしかない。

もっと、然るべき対応しなくては国民に伝わらないと思う。

また、マスコミ(新聞・テレビ)報道への反論や報道内容に関して説明を求めるべきです。

例えば、「小沢代表は止めるべき」などの世論調査が有りますが、法治国家でありながら、なぜその様な問いをするのか?

なぜ、代表を止めなくては成らないのか? その理由とは何なのか?

秘書逮捕&起訴は、あくまでも検察の言い分であり、政治献金は議員秘書がお願いしたとしても、お金を出すのは相手側の問題(都合)であり、出す出さないは当然ですが出す側の裁量である。

今回の小沢秘書逮捕、起訴は民主主義への公権力の介入であり、私個人としては民主党が政権を奪取するより大きな問題だと認識する

**

2009年 4月30日 ”風の道草”
     

*-*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
逆説も真なり・小沢秘書問題 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる