View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢代表・自民体質批判

<<   作成日時 : 2008/10/01 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 代表質問:民主党の小沢代表・自民の体質を批判

10月 1日、国会は午後から、先に行われた麻生太郎首相の所信表明演説への代表質問が行われた ( NHK・テレビ中継 )。

民主党の小沢代表は総選挙もせず、自由民主党内だけで総理大臣が三度も替わった事に対して、総選挙で国民の審判を仰ぐのが常道ではないのかと、自由民主党を批判した。

その中で、衆議院の早期解散を麻生総理に要求した。
 
また、小沢代表は、異例とも言える麻生首相から民主党への逆質問の連発に対して、民主党に対する誹謗(ひぼう)中傷だけの選挙目当ての所信だだったと批判した。

小沢代表は質問に際して、首相の逆質問には「所信を述べることで答弁としたい」とし、民主党の政策を述べて事実上の「所信表明」の場とする異例の代表質問となった。

自公政権について述べ 「 1年足らずの間に2人続けて政権を投げ出した自民党の総裁が、総選挙を経ないで首相の座にいるのは信じがたい光景」と皮肉った。

そして、「政権を担う能力を失ったならば、直ちに野党に政権を渡し、総選挙を行うのが筋道だと」強調して代表質問を終えた。

全く、その通りだと思う。そもそも政権交代が無い議会制民主主義は、腐敗が蔓延する構造でしかない。

自由民主党の長期政権がもたらした物は何か? 今、問題となっている様々な事柄は誰の責任かは言うまでもない。

これら諸々の問題は、政権政党である自由民主党が国民生活にもたらした物であり、その政権を選択した国民の責任でもある。

政権与党である自由民主党の支持者にとってもまた、日本国民にとっても不幸なことだと思う

**
 
 2008年10月 1日 ”風の道草”

   
*-*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢代表・自民体質批判 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる