View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 洞爺湖サミット閉幕

<<   作成日時 : 2008/07/10 05:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 北海道・洞爺湖サミット閉幕
 
7月9日、3日間続いた北海道洞爺湖サミットが閉幕した。
 
主催国として議長を務めた福田総理大臣が記者会見を行った。
 
西暦2050年までに、世界全体で温室効果ガスの排出量を半減させるという長期目標について、サミット主要8か国として合意しているという認識で成果を強調した。
 
サミットは、9日最終日を迎え、朝からG8に中国やインドといった新興国を加えた16か国による「主要経済国会合」などが相次いで開かれました。
 
「主要経済国会合」で、サミット・G8側が、西暦2050年までに温室効果ガスの排出量を半減するとした長期目標を、世界全体の目標として共有することを求めると合意したことを説明して、新興国側も長期目標を共有するよう協力を呼びかけました。
 
これに対し、新興国側からは、一定の評価があったものの 「 まずは先進国側が具体的に中期目標を策定し、率先して温室効果ガスを削減すべきだ 」 といった意見が出された。
 
今回の洞爺湖サミットに於いて、数値目標など踏み込んだ形での合意形成は出来なかった。
 
ただ、長期目標の重要性そのものについては、G8側と新興国側の認識が一致したことから、首脳宣言には「長期目標を含むビジョンの共有を支持する」という文言が盛り込まれた。
 
そして、この枠組みで議論を継続することが重要だとして、来年のイタリアでのサミットで再び首脳会合を開催することで一致した。
 
福田総理大臣は、3日間にわたる一連の会議を終えて、サミットを締めくくる記者会見を開いた。

長期目標について「 アメリカを含むG8が、この目標に合意していることを当然の前提としている。 G8が、各国の違いを乗り越えながら共通の認識を示し、今後の国連の交渉に弾みをつける貢献ができた」と述べて、サミットの成果を強調した。
 
そのうえで、福田総理大臣は「 今回の成果を踏まえて、中国やインドなどの新興国に対しても長期目標の採択に向けてリーダーシップを発揮したい 」と述べて、引き続き新興国の説得に努力していく考えを示した。
 
また、世界経済について「 金融市場では依然、緊張が続いており、原油や食糧など1次産品の価格高騰によるインフレ圧力の懸念がある。 G8首脳は、この共通認識の下で経済の安定と成長を確保するために、引き続き適切なマクロ経済運営と構造改革を行っていく 」と述べた。

さらに福田総理大臣は、北朝鮮問題について「 朝鮮半島の検証可能な非核化に向けて、道のりは長くとも粘り強く取り組んでいくことで一致するとともに、拉致問題を含む日朝関係の進展の重要性にも各国首脳から力強い支持と協力の表明があった」と、成果を強調した。

各国の首脳は9日午後から帰路についているが、その中でも日本嫌いと言われている、フランスのサルコジ大統領が最初に帰国の途に着いたらしい。 笑えるね!

福田総理大臣は、中国の胡錦涛国家主席やインドのシン首相ら6か国の首脳と相次いで会談している。

予定では、9日夜にも政府専用機で東京に戻る ・・・ とか、サミットが終わり、原油高騰や鉱物資源、穀物高騰など政府としてどの様な政策が採れるのか。

国内に山積する数々の問題に対して、自由民主党政権で果たして解決できるのか ・・・疑問です?

官僚政治を打破するには、政権交代も遅きに期した感は否めませんが官僚政治に胡座をかいた自由民主党政権は一日も早く辞めて貰いたい
 
**

 2008年 7月 9日 ”風の道草”

     
*-*
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洞爺湖サミット閉幕 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる