View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 主要8カ国会議・洞爺湖

<<   作成日時 : 2008/07/07 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 洞爺湖サミット始まる

7月7日は七夕ですが、北海道の洞爺湖でサミットの初日を迎えた。

主要8カ国(G8)に中国、インド、アフリカ諸国などを加え、過去最多の22カ国の首脳が参加する。

洞爺湖サミット(主要国首脳会議)は、洞爺湖町の「ザ・ウィンザーホテル洞爺」でアフリカ開発に関する拡大会合を合わせて、開幕した。
 
原油や食料価格の高騰、地球温暖化問題などアフリカを脅かす諸問題を討議し、8日のG8首脳会議に反映させる。
 
拡大会合には、G8首脳とアルジェリア、エチオピア、ガーナ、ナイジェリア、セネガル、南アフリカ、タンザニアの首脳が出席した。
 
福田康夫首相は、5月のアフリカ開発会議の成果を報告。
 
食料、保健、教育、インフラ整備などのアフリカ支援策について話し合い、G8首脳会議での討議に反映させる。
 
首脳会議では、アフリカ支援と並び、地球温暖化防止、原油・食料問題など世界経済、核不拡散など政治問題を討議。
 
サミット最大のテーマである温暖化防止では、2050年までに世界全体の温室効果ガス排出量を半減させる長期目標で共有できるかが焦点となっている。
 
6日に行われた、日米首脳会談でブッシュ大統領は長期目標の合意に中国とインドの両国が参加することが不可欠との立場を崩さず、首脳会議の討議に委ねられる結果となった。

今回、日本で開かれたG8首脳会談でハッキリとした温暖化対策がまとまるのか、3日間の協議に世界の関心が集まっている事は事実でありながら、各国の国益優先は変らず、またしても、先延ばしを諮る公算が大きい気がする。

まあ、首脳会談の結果を敢えて先読みすることもでも無いが、玉虫色の報告で終わるのでは、と思う。

ヨーロッパで始まった、二酸化炭素の売買に関して、何となく単なる金儲け手段としか思えないのは私だけでしょうか?

クローバル的な二酸化炭素の売買が行われるようになると、これまた、投機対象になる確率が高くなる。

経済のグローバル化の中で、今日のマネーゲームはそろそろ何らかの規制をしないと行き詰まる時期に有ると思う。

ある意味に於いて、原油、鉱物資源、食料の高騰などが世界的な変革の時代へ向かう転機となる可能性を感じる

**

2008年 7月7日 ”風の道草”


*-* 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
主要8カ国会議・洞爺湖 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる