View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢代表の決意

<<   作成日時 : 2007/07/08 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 小沢民主党代表の決意、参院選負ければ政界引退

きょう(8日)、各政党のトップが揃って朝からテレビ局廻りしていた。

その中で、小沢民主党代表は 「 今の安倍政権による弱者切り捨ての政治に終止符を打たないといけない」、「目標が達成できなければ、政治の場で働く余地はないと」発言して、参議院選挙で野党が過半数を取れなかった場合、自ら政界を引退する意向を示した。

小沢代表は記者団に対して、「 議員としての任期はあと2年残っているので、それ以上続ける意味はない 」と述べた。

民主党の代表となった時点で、小沢一郎氏の進退は参議院選挙にかかっていたと思う。

彼の政治家としての遍歴を考えると、政治家として当然とも言える対応を示したと言える。

今回の参議院選挙は自由民主党側には逆風が吹いている。 しかし、世論調査では民主党への追い風とは成っていない。

参議院選挙がもう直ぐ公示と成ります。当然ながら有権者の投票判断は各党のマニフェストが発表されてからと言えるでしょう。

現在、日本が抱えている諸問題は全て自由民主党政権が過去に作ったものと言っても過言ではない。

何故なら、日本の舵取りをして来たのは自由民主党であり、政策の失敗によって様々な諸問題が起きている昨今、これらの問題を省みた時、政権政党である自由民主党と、自由民主党に投票した有権者の責任であることは言うまでも無い。

長期政権は腐敗するが如く 」と言われながら、先人の教えを軽んじた結果が正に、こんにち起きている諸問題であると思う。

自由民主党政権が積み上げた国の債権(借金)は現在・834兆3786億円まで膨張しているのに、国民に謝罪すらしたことも無い。

それでいて、野党では政権運営が出来ないと「 ほざき 」、尚、今後も日本の舵取りをしようとしている

*-*

 2007年 7月 8日 ”風の道草”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小沢代表の決意 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる