View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 宗男議員、「虎」退治の裏話

<<   作成日時 : 2007/07/16 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 鈴木宗男氏、「虎」退治応援

チョット古い話題になりますが、新党大地の鈴木宗男代表が参議院選公示前に岡山選挙区に入って、民主党の「姫」こと、姫井由美子氏の応援に駆けつけ、宗男節で「 虎 」退治を蕪辞挙げた。

この選挙区は自由民主党の実力者・片山虎之助参院幹事長の地盤である。

テレビなどでも、この部分が使われたりしていますので、今更と言った文章ですが、私のブログはいつもコケにされ、この程度の文章しか書けません、ハイ!!

宗男節は面白い、田中真紀子節も面白いですが最近は迫力に欠けるし、話す内容もイマイチの感は否めない。

その点、宗男節は健在である、「 ナントカ虎之助は普段は傲岸不遜(ごうがんふそん)で選挙の時だけコメツキバッタみたいに頭を下げる 」と片山氏をこき下ろした。

「 『 姫 』 の 『 虎 』 退治 」と呼ばれ、岡山 1人区の象徴として全国的に注目されている選挙区です。

新党大地の鈴木宗男代表が早朝の岡山駅前で「 北海道のクマ、ムネオが 「 虎 」退治に来ましたと聴衆を笑わせる。

「 姫さん(姫井)をよろしく 」と通勤中のサラリーマンの列にダッシュする宗男氏。

バスが通りかかると、ひかれそうなぐらいに道路に身を乗り出して声を張り上げて訴える宗男氏のパワーは衰えていない。

また、事務所費問題が浮上した赤城徳彦農相、自殺した松岡利勝前農相、失言で辞任した久間章生前防衛相らの名を挙げ 「 みんな官僚出身だ。官僚上がりは思い上がって人を見下している。ナントカ虎之助もその類(たぐい)だ 」 と旧自治省出身の片山氏を扱き下ろす話術は上手い。

「姫」対「虎」の勝敗の行方は、郵政民営化法案に反対して自民党を離党した地元の大物・平沼赳夫元経産相の支持者の動向がカギと見なされている。

ここからまた、宗男節が炸裂する。かたちの上では平沼氏は片山氏支持を表明しているが、宗男氏は「 平沼さんに 『 岡山に行ってもいいか 』 と相談したら 『 ぜひ行ってくれ。俺も虎(片山氏)は嫌いだ 』 と言っていた 」と暴露話をして聴衆の心を引き寄せていた。

集まった地元の有権者はユーモアを交えた応援演説に聞き入っていたが、果たして選挙結果はどうなるでしょうか??

時々、関東地区では鈴木宗男氏がテレビやラジオに出演しています。頭の回転が速い、記憶力が良い、やはり並の政治家ではない。

民主代表の小沢一郎はシャイで口べたである。宗男氏のように喋りが堪能であったなら政治はとっくに変わっていたでしょう

*-*

 2007年 7月15日 ”風の道草”


**

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宗男議員、「虎」退治の裏話 View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる