View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS 長期政権は腐敗するが如く

<<   作成日時 : 2007/06/19 17:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**
※- 長期政権は腐敗するが如く

自由民主党による長期政権が国民にもたらした物は何か?

自由民主党による長期政権は国民に膨大な債務(借金)をもたらし、国は財政不足から行政の硬直化を招いている。

これ皆、自由民主党政権の政策の失敗による物で、何となく政府の言い分を聞いていると国民に責任転嫁している感じを受ける。

政権交代が無い議会制民主主義とは果たして、民主国家と呼べるのか。

その二、 国民は余り気にしていませんが、日本の国は自由民主党と官僚によって何事をも決められ、情報公開と言われながらも国民は完全に蚊帳の外に置かれている。

選挙の時、自由民主党へ投票された皆さん方は、自由民主党内閣が決定した予算案や与党が提出した法案に満足しているのでしょうか。

個人的意見ですが、政府与党が国会を通過させた法案などが果たして選挙で投票した有権者の希望に答えているとは、到底思えません。

郵政民営化にしても、道路公団民営化にしても、元々は自由民主党が法案を提出して造った公的インフラ事業ですよね、こんにちまで管理運営を内閣の責任で行なってきた。

これらの問題は自由民主党の管理能力、知恵の無さが招いた結果であって「郵政民営化・賛成か反対か」、自分達が造った制度であって、そんな問題、自由民主党の中で遣ればいい。

衆議院選挙の争点が単に、郵政賛成か反対かで踊らされた有権者。勿論、マスコミの影響をも小泉首相は考えていて計算済みだった事が、後日、秘書の方によって明らかにされた。

長期政権は腐敗するが如く、何故なら、国の権力中枢を長期に渡って自由民主党が独占してきて、内閣によって舵取りされてきたその内側はマスコミ報道で知るしかない現実。

正に自由民主党だけが権力の中にあり、その種類は多岐に渡る ( 国防、公安、警察、各省の行政、許可制度など書いたらきりがない)。

その権力を行使する内閣は果たして国民の為に何をもたらしたのか・・・、今になって誰しもが不満を持つ出来事が表面化した。

選挙によって、国民から選ばれた自由民主党・独裁政権はこんにち、その隠されていた問題が露呈しだした。

たから、長期政権は腐敗するが如くで、政権交代は必要不可欠、しかし、日本では何故か未だに長期政権が続いている。

民主国家に於いて、国政の失政は最終的には有権者である国民に帰する。

現在、自由民主党が提出している法案は、単なる切り捨て御免に過ぎない。

社会保険庁を切り捨てる事で自由民主党と安部内閣は、自らの管理責任を逃れる手段に奔走している。

今、正に小泉・前内閣が念仏の如きに唱えていた「行政改革を終わらすな」を隠れ蓑にして社会保険庁解体法案の実現に向けて動いている。

自由民主党と内閣は、年金政策を民間企業化するという。これこそ本末転倒としか言いようがない。

国民にとって年金制度は何よりも優先されて然るべきなのに、自由民主党政府は社会保険庁の不祥事を理由に切り捨てしようとしている。

この様な責任逃れをやってのける無責任政党が60年間も日本の舵取りをしてきた。

何とも虚しい限りとしか言いようがない、そこに日本の状況が浮かんで見える

*-*

 2007年 6月19日 ”風の道草”


**
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長期政権は腐敗するが如く View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる