View Japan-景趣-4 ”風の道草”

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカでペットフード騒ぎ!

<<   作成日時 : 2007/05/05 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

**

※- アメリカでペットフードを食べた犬が死んで大騒ぎ!

アメリカではペットフードを食べた犬や猫など相次いで死んだ出来事から大騒ぎと成っている。

グローバル化社会と言われる中、日本政府はアメリカで起きている出来事を知ってか知らずか、未だに何の情報も出してこない。

また、マスメディアもアメリカで起きているペットフード問題を記事として書いてはいるが、日本のペットフードやその他の事に関して未だに安全性に対しての記述がないのは如何なものか。

この騒動の発端は、中国産小麦粉を原料とするペットフードを食べたペットが死んだことから騒ぎとなり、問題のペットフードの回収が行われていた。

ところが、関係者が調べたところペットフードに止まらず家畜にも飼料として与えていた事が判明して大きな問題となっている。

米紙ワシントン・ポストによると、メラミンはタンパク質の水準を高く見せかける効果があり、飼料価格を左右するタンパク質含有量を水増しするため、家禽の一大産地の山東省では、メラミンを混ぜた飼料が広く流通しているという。

米食品医薬品局(FDA)は中国へ調査官を派遣した。

その後のFDAの調査で、合成樹脂の材料となる有機化合物メラミンが大量に混入していたことがわかり、FDAは4月に入って、小麦グルテンなどの中国からの輸入を禁止した、と書かれています。

グローバル・ビジネスは、安さを求めて多種多様の品物が流動している。その安全性を見極めるのは難しいとも言える。それがグローバル化社会の現実なのかも知れない。

私は基本的にはグローバル化社会には否定的です。そもそもグローバル社会なる構想は、大きな資本国家(資本集団)が全世界から資源や資産を投資の名の下にかき集める資本主義集団の策略でしかない

*-*

 2007年 5月 5日 ”風の道草”

     

**

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカでペットフード騒ぎ! View Japan-景趣-4 ”風の道草”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる